1. トップページ
  2. 学び続ける企業文化
  3. 人材育成
  4. スマートな未来を支える"人材"
  5. ソリューション事業本部 システムサポートセンタ 北島 卓実

INTERVIEW

技術力とマネジメントの両面から、
日本の再生可能エネルギー事業を支えたい

ソリューション事業本部 システムサポートセンタ

北島 卓実(2014年入社)

インタビュー風景

学生時代に培ったITや
プログラミングの知識を活かす

入社して半年経った頃にシステムサポートセンターに配属になり、今は太陽光O&M事業の中で、大規模な産業用太陽光発電所の運用・保守に携わっています。全国に点在する発電所の電気量や運用状況を遠隔監視ツールを使って日々確認したり、現地の電気主任技術者のサポートもしています。

太陽光ビジネスは、国のクリーンエネルギー・再生可能エネルギー政策のひとつ。太陽光O&M事業を通して、日本の政策の一端を担えている事に社会的意義を感じます。

学生時代は太陽光O&M事業の様な電気に携わる仕事をするとは夢にも思っていませんでした。電気に関する勉強をしてきませんでしたが、先入観がない分、多角的に業務や設備を見ることができました。学生時代に培ったITやプログラミングの知識を用いて業務を効率化するツールを作るなど、自分の強みを活かしています。

24時間365日、
何か起これば即時対応

太陽光発電所というと日中だけ稼働しているように思われがちですが、実は太陽が沈んでからも設備は動き続けています。特に春先や夏場になると落雷が多くなり、基盤が焼かれて機器が停止したり、稲妻によって発電してしまうことがあるんです。夜間に雨風や雷が強くなれば警報が鳴りますから、現地スタッフは現場を見に、私たちは監視ツールで現地の状況を確認する必要があります。まさに24時間365日体制です。

中でも2016年4月の熊本地震は印象深い出来事でした。実を言うと地震発生の2時間前まで私は震源地にいたんです。熊本を発ってちょうど羽田に着いたときに、地震発生の連絡を受けて驚きました。空港に残ってしばらく情報を収集し、帰宅後も真夜中まで現地と電話でやり取りを続けました。電話越しから地震の恐怖をひしひしと感じたのをよく覚えています。監視システムがすべてシャットダウンし、現地とのコネクションが3日間も途絶えてしまったのですが、少しでも多くの情報を吸い上げ、サポートしようと必死でした。

実はミライトテクノロジーズに入社しようと決めたきっかけは、入社2~3年前の東日本大震災だったんです。震災後の現地に行って支援活動をしたのですが、その時から人を助ける仕事をしたいと強く思うようになりました。その想いを今の仕事でつなげることができ、非常にやりがいを感じています。

通話中の北島さん

上司が信頼して仕事を任せてくれる、
自由度の高い職場

ミライトテクノロジーズは社員一人ひとりを尊重してくれる会社です。

今の太陽光O&M事業に携わって半年たった頃に、ある発電所の発電量がおかしいから調べるように指示されました。当時は電気の知識がなくて何をしていいかわかりませんでしたが、1か月間、日々刻々と送られてくる発電量のデータをにらみ続け、がむしゃらに解決の糸口を見つけようとしました。太陽光発電事業はまだまだ運用年数も浅く、ノウハウや知見の蓄積が少ない分野なのでとても難しい挑戦でしたが、その様子を見ていた上司に「お前に任せた」と言ってもらえたのです。

結果的には先輩方の手助けもあり、やっとの思いで解決できました。ミライト・テクノロジーズは、若手社員に思ったように仕事をさせてくれる自由度の高い職場です。また、資格取得に関しても研修制度がとても充実していて、今まで太陽光の分野に携わったことがない人に対しての社内研修も用意されています。

インタビュー風景
インタビュー風景

高難易度の資格取得にも積極的に挑戦

太陽光発電所は全国に点在しており、現地スタッフとのコミュニケーションはどうしても難しいため、積極的に現地発電所に足を運んでコミュニケーションをとるようにしています。いざというときに意思疎通ができる関係性を築くことが大切だと思っています。

また、技術スタッフやメーカの方とお話していると、論理的な概念の話についていけなくなり、知識不足を痛感し、まだまだ勉強が必要だと感じています。今後は電気工事士や電気主任技術者の資格に挑戦し、業務に関連する法律や技術の知識を身につけていきたいですね。

知識力や技術力も重要ですが、やはり、向上心や好奇心を大事にしたい。これからは技術面でのサポートだけでなく、マネジメントという観点から仕事を見ることで、業務の安定化・効率化を重視していきたいと思っています。

※所属・インタビュー内容等の情報は全て取材時点のものになります。

北島 卓実

北島 卓実(きたじま たくみ)

所属部署:ソリューション事業本部 システムサポートセンタ

<これまで主に取り組んできたこと>
  • 監視システムを用いた発電状況監視
  • 発電電力の妥当性診断
  • 警報発生時のお客様対応並びに復旧調整(CSSCオペレータのサポート)
  • 月次レポート作成~提出(発電データに掛かる部分のみ)
  • 保安点検の作業調整(年次点検、メーカー点検)
  • 補修作業等の調整(パネル交換、場内草刈、土木保守)
  • 現地作業の立会
  • 業務効率化の為のツール作成(ExcelVBA,VBScriopt,shellscript)
<主な業務>
太陽光発電所のO&M(オペレーション&メンテナンス)業務に従事する中で、全国12ヵ所に点在する大型太陽光発電所の運用監視。
また、全国80ヵ所の小規模太陽光発電所(屋根上等)の点検作業調整。
<趣味など>
映画鑑賞、プログラミング、トレーニング

TOP